Profile
コトリンゴ A写.jpg

音楽家 5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。神戸・甲陽音楽院を卒業後、ボストン・バークリー音楽大学に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を専攻。学位を取得後、ニューヨークを拠点に演奏活動を開始。2006年、坂本龍一に見い出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。以降、現在までにカヴァーを含む、10枚のソロアルバムを発表。最新作は2017年11月発売の「雨の箱庭」。2016年11月に公開し、ロングヒットとなったアニメーション映画「この世界の片隅に」の音楽を担当。日本アカデミー賞優秀音楽賞、毎日映画コンクール音楽賞、おおさかシネマフェスティバル音楽賞を受賞。2018年公開の映画「旅猫リポート」、現在放送中のTVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』の音楽など、映画、アニメのサウンドトラックや多数のCM音楽を手がけるなど、クリエイターからの支持も高い。また、2018年10月にはアルゼンチンでのツアーを行うなど、国外での評価も高まっている。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くアーティストとして活躍中。

http://kotringo.net/

コトリンゴ

BHBã__¢ã__¼å____nui.jpg

小池光子、田畑伸明(タバティ)による歌とギターの音楽ユニット。
2002年結成。2003年デビュー。のびやかさやあたたかさ、
透明さや力強さを合わせ持った声と、
しなやかなアコースティックギターの音色が独自の世界を作りだす。
NHKみんなのうた「ウメボシジンセイ」を担当。
NHKおかあさんいっしょ「もくもくふゆーん」作曲。
連続ドラマ「わたしのウチには、なんにもない。」(NHK BSプレミアム)
エンディング曲「眠っているあいだに」。
デビュー以来数多くのCMや映像作品でも演奏、様々なクリエイターからの信頼も厚い。


http://beautifulhummingbird.com/

ビューティフルハミングバード

SCOF75_2019_PIC_2jpg.jpg

ムトウサツキとアズマリキの二人組。1993年、united future organizationのレーベル”Brownswood(日本フォノグラム)”よりデビュー。以来、11枚のフル・アルバムをリリース。2005年にはインストゥルメンタルに特化したサイド・プロジェクト”STUDIO75”をスタートし、英国の人気DJ、ジャイルス・ピーターソンもラジオ・プログラムにてプレイするなど、世界的な評価を得た。2007年、アズマリキのオルターエゴ、”タケイフミラ.”の1stアルバム『music & his story』をリリース。自身のプロジェクト以外にも他アーティストの楽曲制作、プロデュースは多岐にわたり、BASIの2ndアルバム『VOICERATION』、4thアルバム『MELLOW』。MACO MARETSの1stアルバム『ORANG PENDEK』、2nd『KINŌ』。
これらの全曲制作、プロデュースをおこなう。2018年11月3日、“MUSICAÄNOSSA GRYPS”よりSTUDIO75の4枚目のアルバム『Over Your Shoulder LP』をリリース。2019年5月5日、福岡、西通りから始まったプリンのテーマソングと、11thAL『Silence』収録「新しい人」のカップリング、7インチレコード&CD『西通りプリンの歌 / 新しい人』をリリース。
そして2019年7月、”タケイフミラ.”の2ndアルバム『5』(ファイヴ)リリースしました。
2019年、Small Circle of Friendsはタケイ君連れての旅です。TAKEI FUMIRA.物語の連載note https://note.mu/scof75 こちらも合わせてぜひ。

https://scof75.com

Small Circle of Friends

カネコアヤノ.jpg

弾き語りとバンド形態でライブ活動を展開中。2016年4月には初の弾き語り作品『hug』を発表後、続々と作品をリリースする。2016年以降、新たなメンバーと大胆なバンドサウンドを展開し注目を集める。2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』、2018年4月に新作アルバム『祝祭』を発表し、このアルバム2作は各所で高い評価を獲得する。そして2019年1月に7インチ『明け方/布と皮膚』、4月にはシングル『愛のままを/セゾン』をリリース。9月には新作アルバム『燦々』をリリースする。

 

https://kanekoayano.net/

​カネコアヤノ

オオルタイチ.jpg

1979年奈良県三宅町に生まれる。
『漂流する内的民俗』をキーワードに1999年よりオオルタイチとして活動を開始。
電子音と非言語の歌が融合した音楽を展開する。
Tyrannosaurus Rex、Puzzle Punks、Aphex Twin等に影響を受けながら、当初は即興演奏を軸に楽曲制作を行っていたが、90'ダンスホールレゲエとの出会いによりトラック制作を本格的に開始。
かねてから衝動的な即興表現として用いられていた声の要素はパトワ語の響きに触発され、さらに歌のようなものへと変化を遂げ、現在のスタイルへと発展した。
国内に留まらず海外での活動も精力的に行う。

2012年JapanSociety(ニューヨーク)での単独イベント開催、
2017年The Broad(ロサンゼルス)で開催された"Summer Happening"への出演をはじめ
ヨーロッパ、アメリカ、韓国、香港、台湾など各地のイベントから招聘を受けツアーや公演を行う。
2014年にはUSレーベルMATADOR傘下より2ndアルバム『Drifting my folklore』がライセンスリリースされた。
ソロ名義の他、バンド"ウリチパン郡"やYTAMOとの"ゆうき"などでも活動。
2019年より水曜日のカンパネラ・コムアイとのユニット"YAKUSHIMA TREASURE"が本格的に始動。
http://okimirecords.com

 

写真:佐伯慎亮

​オオルタイチ

鎌野愛.jpg

香川県出身、東京都在住のヴォーカリスト。2016年まで「ハイスイノナサ」のボーカル・キーボードとして活躍。TOKYO MX系列で放映されたアニメ「東京喰種√A」の主題歌を歌唱(österreichの楽曲)。その他、企業イベントや広告、TV番組にも数多く歌声を提供している。ライブサポートも行っており、TK from 凛として時雨、THE NOVEMBERS、sora tob sakanaなどキーボード&コーラスで参加。2019年2月、自身初のソロアルバム「muonk」をリリース。作曲、作詞、歌唱、鍵盤の全てを行っている。

 

サポート:菅原一樹 / 須原杏

http://kamanoai.com/

鎌野愛

大石晴子.jpg

大阪生まれ神奈川育ち。生活の機微を、美しくも不思議な響きのメロディで歌うシンガーソングライター。早稲田大学のソウルミュージックサークルで出会ったR&Bフィーリング、お笑いラジオ番組のヘヴィーリスニングで体得した鋭利な言語感覚、愛犬家。2018年りんご音楽祭出演。2019年5月シングル「怒らないでね」、8月ファーストEP「賛美」リリース。個性的且つ芳醇な匂いを醸し出す楽曲群。繊細さと強さ、ポップとブルース、相反するものが揺れ動く歌声は聴く人の胸を打つ、祝福。

 

https://www.oishiharuko.com/

大石晴子

影山朋子_edited.jpg

マリンバ・ビブラフォン奏者、シンガーソングライター。
神戸生まれ。幼少より音楽や絵画に触れて育つ。
音楽大学にてマリンバを学ぶと共にジャズビブラフォン奏者としても活動を始め、2006年より関西を中心にジャズ、ラテン、ロック、ポップス、即興など様々なジャンルにおいて演奏し国内外の多数のアーティストと共演。
その後2011年より拠点を東京に移し、日々生まれた言葉からマリンバとビブラフォンの弾き語りスタイルでの活動を始める。
2015年初めてのソロ作品『眠りにつくまえに。』(CDR)を発表。
2019年8月東西19名のミュージシャンをゲストに迎えたバンド編成による1stフルアルバム『光の速度、影の時間』を全国リリース。
これまでに折坂悠太、ゑでぃまぁこん、森は生きているのサポートや、高井息吹、ザ・なつやすみバンド等のレコーディングに参加。
自然体の音を大切にその時々でおもいおもいの音を奏でている。


https://kageyamatomoko.com/

影山朋子

 
 
 
 
 
 
 

MORINOHORN
2019.10.5 Sat @Ashibinosato

Open 11:00 / Start 12:00 

Tel: 080-3136-2673 (Cow and Mouse)

Email: morinohorn@gmail.com

URL: http://www.morinohorn.com

  • White Twitter Icon
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon